スポンサードリンク

2009年11月08日

楽天証券、CFD取引開始

楽天証券が、2009年12月(予定)を目処に、CFD(差
金決済取引)の取扱いを開始します。

楽天証券が提供する「楽天CFD」では、既に取り扱っている
米国株式や中国株式のうち、サービス開始時点では厳選した
390銘柄(米国348銘柄、中国42銘柄)をCFDでも取
引できるほか、各国の指数に連動した海外ETF(上場投信)
もCFDでの取引が可能になる。またコモディティ(現物・先
物)CFDも取り扱う。

 このため、買いポジションは現物で保有し、売りポジション
をCFDで保有するという戦略が可能であったり、個別株を買
いポジション、その国の指数に連動したETFを売りポジショ
ンで保有することなども可能になる。


■取扱予定銘柄数
 ・米国個別株CFD、
  米国ADR CFD、
  米国ETF CFD 348銘柄
 ・中国株式CFD 42銘柄
 ・株価指数CFD 14銘柄
 ・株価指数先物CFD 29銘柄
 ・商品現物CFD 2銘柄
 ・商品先物CFD 8銘柄
 ・債券先物CFD 5銘柄


■必要証拠金率及びレバレッジ
 ・個別株CFD(米国個別株・ADR・ETF・中国株式)
  必要証拠金率・・・20%、レバレッジ・・・5倍
 ・株価指数CFD、株価指数先物CFD
  必要証拠金率・・・10%、レバレッジ・・・10倍
 ・商品現物CFD、商品先物CFD
  必要証拠金率・・・10〜20%、
  レバレッジ・・・5〜10倍
 ・債券先物CFD
  必要証拠金率・・・10%、レバレッジ・・・10倍


■サービス開始日
 2009年12月(予定)
posted by 投資情報勉強会 at 09:44| CFD最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドットコモディティ、「ヒーティングオイル」、「天然ガス」の商品CFDの取扱開始

ドットコモディティが2009年11月9日(月)より、「ヒーティ
ングオイル」、「天然ガス」の商品CFDの取扱いを開始しま
す。

これにより、ドットコモディティのCFD取引にて取引可能な
エネルギー関連銘柄は全部で7銘柄となります。


<銘柄紹介>
=ヒーティングオイル=
ヒーティングオイルは、暖房設備のボイラー用燃料として使用
され、原油産出のおよそ25%を占めています。米国の暖房設備は
ボイラーで湯を沸かし、その水蒸気をパイプにより建物内に循
環させるものが主流です。
なお、ヒーティングオイルは灯油とは異なるものです。


=天然ガス=
天然ガスは、天然に産する有機ガスです。主成分はメタンです
が、かなりの量のブタン、プロパン、エタンなども含まれてい
ます。天然ガスは不純物をほとんど含まないクリーンなエネル
ギーです。主に自動車、火力発電所などの燃料や工業製品の原
料として使用されます。また、爆発の危険性が少なく中毒を引
き起こしにくいことから、日常生活では都市ガスとして利用さ
れています。最近では、燃焼した際に温暖化の要因となる二酸
化炭素の発生が少ないこと、大気汚染の要因となる窒素酸化物
や硫黄酸化物の発生が少ないことなどから、環境にやさしいエ
ネルギーということで自動車の燃料として注目が集まっていま
す。

(参考資料)
NYMEXホームページ
東京工業品取引所ホームページ
石油天然ガス・金属鉱物資源機構ホームページ
原油相場 ― 石油投資を始める前に読む本
(パンローリング社、高橋大樹著)
以上

<本件に関するお問い合わせ先>
ドットコモディティ株式会社
広報担当:五十嵐 TEL 03-5447-3025

posted by 投資情報勉強会 at 09:38| CFD最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。