スポンサードリンク

2099年07月02日

CFD取扱業者選びのポイント

現在、おもなCFD取扱業者は以下のとおりです。

・ひまわり証券
・CMC Market Japan
・SBI証券
・オリックス証券
・SVC証券
・インヴェスト証券
・エフエックスオンラインジャパン
・ドットコモディティ
・東岳證券
・内藤証券
・ODLジャパン
・フェニックス証券
・マネックス証券
・FXオンライン
・FXCMジャパン
・ソニーバンク証券
・楽天証券
・大和証券
・岩井証券
・小林洋行
・エイチ・エス証券

ここ数年、CFD取扱業者がどんどん増えています。


CFD取扱業者選びのポイントは以下の通りになります。

@取扱銘柄の種類と数
自分がどの銘柄に投資するかをまず考えてから業者選びをし
ましょう。

A証拠金や利益の保全 
CFD取扱業者の顔ぶれは、証券会社、FXから参入した業
者、金融以外の異業種からなど多彩ですので、証拠金や利益
の保全をきちんとしてくれるところを選びましょう。

B最大レバレッジ倍率
倍率が大きければ大きいほど、大きな利益が期待できますが、
損失リスクも大きくなる可能性があります。なので、最初は
低めに設定されている業者の方がいいかもしれません。

C手数料
手数料は、短期売買か長期売買のどちらを行うかで業者選び
が異なります。
短期売買を行う人は、スプレッドや売買時に発生する手数料
が安い業者を選びましょう。(スプレッドとは、
長期売買を行う人は、支払う金利が安い業者を選ぶのが良い
でしょう。

Dサポート体制
トレーディングツールの操作方法、投資に関する情報の提供
などのサポートがしっかりしていて、24時間電話対応して
いる業者を選びましょう。

Eトレーディングツールが使いやすい
トレーディングツールが使いやすいのも重要なポイントなの
で、そちらも考慮しましょう。

など

以上を参考に取扱業者は、慎重に選んでみてください。
 

posted by 投資情報勉強会 at 19:14| CFDの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。